税務調査に関する予備知識

税務調査に関する予備知識について

税務調査と聞くとなにか怖いイメージがある人が多いと思います。しかし、税務調査に関する知識をしっかり持っていれば何も怖いことはありません。もちろん、きちんと帳簿や通帳類を管理して申告するというのは大前提ですよ。言うまでもありませんが、虚偽の申告や脱税にあたる行為は絶対にやってはいけません。
それでも、税務調査というものがどうゆうものなのかを知らないと不安になるものですよね。ですから最低限の知識は持っておいた方が良いと思います。どうしたら税務調査に入られないかなどと考えていても仕方ありません。

個人や企業では毎年確定申告していると思います。ただし、きちんと処理して申告してきたつもりでも、計算に間違いがあったり、記載漏れがあったりすることがあるかもしれません。それによって、納めるべき税金が少なかったり多すぎたりすることも考えられます。そうした場合にはどうすれば良いのでしょうか。

また、税務調査にかかわる用語として更生という言葉が出てきます。簡単に言うと、申告した内容に誤りや間違い、また税法違反にあたるような場合に税務署が正しく訂正し是正することですが、どのような事なのか具体的に紹介していきます。また、それに関連する更正請求についても説明していきます。

いずれにしても、正しく税務申告して確かな知識を持っていれば、仮に税務調査の対象となった場合でも心配ありません。税務調査に入ること、イコール悪いことという訳ではないですからね。 ここでは、税務調査に関する予備知識について簡単にご説明していきます。


「税務調査の予備知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析