新株予約権発行の流れ

新株予約権発行の流れ

新株予約権とは、あらかじめ定められた条件で新株式の発行を請求したり、あるいは自己株式の提供を請求し、購入することができる権利のことを言います。新株予約権の発行の経緯については、2002年の商法改正および2006年の会社法の施行により可能となりました。

新株予約権は有償で発行することもできますが無償で発行する場合もあります。無償で発行する場合はいわゆるストックオプションととらえることができます。ストックオプションとは会社の役員や従業員が一定期間内に、自分の会社から自社の株式を購入できる権利のことで購入の際にはあらかじめ決められた価格で購入できます。

新株予約権を発行する際には通常、取締役会議によって決定されます。新株予約権を発行する目的としては、ストックオプションとしての目的の他にも、
●会社の資金調達の手段として発行する
●負債の担保として発行する
●買収などの防衛策の一つとして発行する
などがあります。

新株予約権の発行の流れとしては、
●まず取締役会議で発行の決議として承認および募集事項の決定を行い、決定事項を株主などに通告します。
●次に株主などから申込を受け、あるいは総数引受契約などを締結します。
●申込者は割当の際に新株予約権者となり、新株予約権の交付と引き換えに金銭や現物により出資します。

新株予約権を有償で発行した際には会計上は負債として計上していましたが、これも会社法の施行にともなって、現在では純資産として計上されるようになっています。


「税務の予備知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析