租税特別措置法を理解しよう!

租税特別措置法を理解しよう!

租税特別措置法という言葉をお聞きになったことがありますか?
これは当面の産業政策上での要請や財源の不足を補う目的のために、時限立法(期限がある法律)で税率が増やしたり、あるいは減らしたりする国税に関する租税の特別措置を定めている法律です。租税特別措置法の歴史は極めて古く、昭和32年3月31日に最初に誕生しました。租税特別措置法の下位には租税特別措置法施行令があり、さらにその下位に租税特別措置法施行規則があります。

租税特別措置法の条文はいずれも非常に長文で、しかも難解なため決して一般の人々が気軽に参照できるようなものではありません。しかも租税特別措置法は毎年のように改正されており、制度の改正や廃止あるいは親切が頻繁に行われています。

様々な多岐に渡る法律が網羅されていますが、最近では、所得税法、法人税法、自動車重量税、石油石炭税法、航空機燃料税法、消費税法などが特にクローズアップされて報道される機会なども増えています。

租税特別措置法では必ずしも暫定的に税率を上昇して行くものばかりではなく、中には東京オフショア市場の外資非課税の際などのように税率を減らす方向に定められることもあります。
例年、政府は扱われる1つの改正案で40以上もの税金に係る延長や改変を行ってきましたが、最近特に注目を集めたのは2008年3月で失効となったガソリン税の扱いなどが代表的なものでしょう。

先述した通り非常に長大かつ難解な法律ですので、一般の人々に取ってすべてを把握する必要もありませんが、時に応じてクローズアップされる条項だけでも知識があると良いでしょう。


「税務の予備知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析