金庫株にメリットはあるのか?

金庫株にメリットはあるのか?

ひところ良く耳にした金庫株とは一体どのようなものでしょうか?
庫株とは企業が自社の株を買い戻して所有することです。株券を文字通り金庫にしまっておく、また通常の株式と異なり株主権が行使できないため金庫にしまって置くしかない、などの意味から金庫株と呼ばれるようになりました。金庫株は自己株式とも呼ばれます。

かつて自社株を購入できるのはストックオプション(企業の社員があらかじめ決められた価格で自社の株を購入することができる権利)や、発行済株式数を減らす目的で株式を自社で購入し、その後消却する場合などに厳しく限定されていました。
しかし平成13年に商法改正が施行され、金庫株が解禁となりました。企業は目的を問わず、自社株を取得し保有できるようになったのです。

では金庫株にはどのようなメリットがあるのでしょうか?
株式には以前から持ち合い株というものがありました。持ち合い株とは取引のある会社同士がお互いの株を所有し合っている状態のことです。持ち合い株には株式の安定を計ったり、企業買収を防ぐ目的がありました。しかしバブル崩壊後は企業の経営悪化に伴い、持ち合い株を売却する動きが出てきたのです。

これは持ち合い株の解消と呼ばれていますが、このことはそのまま株価の下落や企業乗っ取りのリスクが大きくなることを意味していました。解禁となった金庫株はこのような場合に自社株を購入することで株価の下落を下支えしたり、また株式配当を減らす目的にも使われるようになりました。

しかしメリットの反面、金庫株には不正が行われる可能性があり、インサイダー取引に使われたりする危険性をはらんでもいるのです。


「税務の予備知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析