知っておきたい同居老親とは

知っておきたい同居老親とは

同居老親とは、納税者が、老人扶養親族のうち本人もしくは配偶者の両親や祖父母で70才以上の人と同居している場合のことを言います。こうしたケースではさまざまな控除が受けられます。
ちなみに老人扶養親族とは、扶養親族の中でその年の12月31日現在での年齢が満で70才以上の人のことです。

まずこうした同居老親が入れば、扶養家族と言うことで受けられる扶養控除額が58万円受けられます。
またその同居老親の中で重度の障害者がいる場合には扶養控除額は93万円となります。ここでユニークなのは同居老親以外の70才以上の老人と同居している場合でも控除を受けることができることです。
この場合の控除額は同居老親の控除額よりは若干下がりますが48万円の控除が受けられます。さらにその家族が重度の障害を持っている場合では控除額は83万円となります。

同居老親で問題になるのはその同居老親に収入がある場合です。
例えば同居老親が遺族年金100万円と国民年金130万円を毎年受け取っているとしたなら、遺族年金100万円は非課税ですから:所得としては0円。国民年金130万円は公的年金等控除額120万円を指し引いて:所得10万円となります。つまりこの場合の所得の金額は10万円となり、扶養親族の要件に当てははまり、同居老親として控除を受けることが可能となります。

お年寄りの親族の方と同居している場合は必ず確認した方が良いでしょう。


「税務関連用語。予備知識を深めよう!」記事メニュー

QLOOKアクセス解析