法定相続人になれるのは

法定相続人になれるのは

法定相続人とは 民法により定められた遺産を相続できる人のことです。
親族のすべてが遺産を受ける権利があるわけではありません。唯一配偶者(夫から見た妻、妻から見た夫)はどのような場合にも相続人となれます。民法が定めた法定相続人は以下のようになります。

●配偶者
被相続者の夫あるいは妻(ただし婚姻関係がある場合に限る、内縁間では認められません。)

●子供(実子)、養子、内縁関係による子供、胎児、孫、ひ孫
いわゆる直系卑属と呼ばれる人たちのことです。何人いても法定相続人となりますが、注意しなければならないのは、相続税法上被相続人に子供がいれば養子の法定相続人は1人だけが認められ、子供がいない場合でも2人までしか認められません。相続税の控除を受けられるのが1〜2人に限られているわけです。

●両親、祖父母
上記したような直系卑属がいない場合には両親や祖父母が法定相続人となります。こうした親族は直系尊属と呼ばれます。この場合、両親(父・母)が優先で両親がいなければ祖父母が相続人となります。

●兄弟・姉妹、その子供
上記したような直系卑属、直系尊属がすべていない場合は兄弟や姉妹、あるいはその子供たちが相続者となります。

配偶者だけは常に相続権がありますが、それ以外の者は上位の人がいない場合のみ相続人となることができます。またその場合各々で相続の割合も決まっています。

●配偶者と直系卑属の場合、 配偶者:直系卑属=1/2:1/2
●配偶者と直系尊属の場合、 配偶者:直系尊属=2/3:1/3
●配偶者と兄弟姉妹及びその子供、  配偶者:兄弟姉妹及びその子供=3/4:1/4

遺言書がある場合には遺言書が優先されますが、遺留分として法定相続人の取り分は必ず確保されます。


「税務関連用語。予備知識を深めよう!」記事メニュー

QLOOKアクセス解析