税務の基本事項

税務の基本事項について

税金と言うと、所得税、市県民税、消費税など、いろいろな種類の税金を想像できますが、税務とはどうゆうことなのでしょうか?

税金の種類を知っていても、それがどのようなしくみで、その金額をどのように算出して、さらに納めているかというとよくわからない人が多いと思います。
ここでは、税務とは何かということと、税金の3つの基本原則について詳しく解説します。

税務の専門家といえば、やはり公認会計士や税理士の名前があげられると思います。
有数の国家資格を持つ専門家が活躍する分野ですから、税務作業の煩雑さは想像できると思います。

消費税などは、何かを消費した際に勝手に徴収されてしまうのであまり考えずに税金を納めていることになりますよね。
しかし、所得税や住民税などの場合、サラリーマンの人などは会社側が計算してくれて給料から天引きされているのが一般的だと思います。
この作業を個人がするとなると、専門的な分野ですのでなかなか難しいと思います。
そこで、企業や個人事業主ではこうした作業を公認会計士や税理士に委託しているのですね。

そして、もう一つ税務が付くものとしては、税務調査があります。

税務調査と聞くと、なにか怖いイメージがありますよね。マルサの女を想像してしまう人も多いかもしれません。
ところで、この税務調査というのはどのように行われるのでしょうか。仮に受ける事になった場合、どのように対応すればいいのでしょう。
できればこのような調査は受けたくありませんが、正しく納税していれば何も怖くありません。

ここでは税務調査についても説明していきます。


「税務の基本事項」記事メニュー

QLOOKアクセス解析