生前贈与の気になる注意点

生前贈与の気になる注意点

生前贈与をする目的はいくつかあります。
最も多いのは生前に財産の一部を贈与することで将来負担すべき相続税を押さえる相続税対策として利用される場合です。また相続が発生することで遺族が遺産分割で争うようなケースも多く見られます。そのため本人がまだ元気なうちに財産を部分的に贈与することもあります。

生前贈与を行う際の注意点とはどのようなことでしょうか。
●贈与税と相続税の仕組みを理解し、最大の節税効果が得られるように配分すること。
●遺産分割時に不要なトラブルを招かないよう配慮すること。
●贈与契約書を作り、公証人役場での認証を受けておくこと。
●相続開始前3年以内の生前贈与は相続財産として加算されること。
などとなります。

生前贈与による節税対策の効果としては110万円までの基礎控除が最大限活用できることに加え、配偶者控除も併せて利用することが可能です。この際の条件としては婚姻期間が20年以上であること、居住用の不動産か、また居住用の不動産を取得する目的のための金銭による贈与であることです。この条件を満たす場合は2000万円まで課税価格から控除することができるようになります。

一方、相続税では「5000万円×法定相続人数」という基礎控除がある上に、配偶者税額軽減などの措置も取られているので、生前贈与によって大きな税制上のメリットを生むケースは以外に少ないと言えるかも知れません。いずれにしても必要や状況に応じて選択できるようにある程度の知識をあらかじめ持っておくことは重要です。


「気になる贈与税」記事メニュー

QLOOKアクセス解析